心療内科で治療をして健康を取り戻す|症状改善に大きな効果

女性

脳機能を正常に戻す

うつ病は仮病ではない

男性

うつ病とは、脳が機能低下に陥り、極端にふさぎこんだ状態のことを言います。普通の人なら時間がたてば回復し、元の状態に戻りますが、うつ病の場合はいつまでたっても回復せず、食欲低下や睡眠不足、体力の低下を引き起こしたり、ひどい場合は、自殺願望に陥る場合もあります。 うつ病の医学的原因は未だにはっきりとは解明されておらず、過度なストレスやホルモンの分泌の低下なども原因の一つとされています。そのため、患者の症状も様々で、周りの健康な人から見れば健康で全く病気に見えないということがよくあります。そのため、仮病であるという誤解を受けやすいのですが、うつ病は、心の病であるため、外見からは、素人目で判断することは困難です。 自分に近い人物が医師にうつ病と診断された場合、誤解の目を向けずに心の病と理解して、対応しましょう。

原因と新しい治療方法

うつ病のはっきりとした原因は未だに解明されておりませんが、環境的原因と身体的原因が関係していると考えられています。環境的原因とは家庭内不和や職場の人間関係のもつれなどがあり、身体的原因とは慢性的疲労やホルモンバランスの変化などがあります。 治療方法は基本的には投薬治療を行い、患者の症状に応じて服用する薬を医師が判断します。 現在、薬は様々な種類が開発されていますが、患者の症状に合わせて最適な薬を選択するのは、心療内科の医師でも苦労します。また副作用が強いものも多く、服用が長引くと、体に異常を及ぼす場合もあります。 そこで現在新たな治療方法として注目されているのが、磁気刺激治療です。これは磁気を用いて脳の特定の場所に血流を増加させることにより、低下した脳機能を元に戻す治療方法で、副作用が少ない治療方法として注目されています。 このように、うつ病の治療方法は年々、選択肢が増加しています。今後のさらなる治療方法の発展に期待しましょう。