心療内科で治療をして健康を取り戻す|症状改善に大きな効果

女性

軽度のうちに治療

躁状態とうつ状態を繰り返す

医者

躁鬱病とは重い躁の状態と重いうつの状態を繰り返す症状をいいます。 躁の状態とは、元気すぎたり、気分が高まってハイになったり、活動性が高まりじっとしていられなくなる、おしゃべりになるなど、普段の自分よりも落ち着きがない様子になります。 うつの状態はこれとは真逆で、何事に対しても意欲がわかず無気力になります。何をしても楽しいと感じられなくなり、死んでしまいたいなどと強く思うようになったりします。 躁鬱病のこわいところは躁状態から、うつ状態へ変わるときです。この時に自殺願望が強くあらわれることがあります。 浮き沈みが激しいなど、変に感じることがあったら、早めに病院を受診しましょう。精神科や心療内科で診察を受けることができます。 躁鬱病は軽度のうちに治療を行うことで早めの症状の改善につながります。

躁鬱病の治療方法について

うつ病の場合には抗うつ剤が使用されますが、躁鬱病の患者には抗うつ剤は効きにくいといわれています。治療の効果が薄れてしまう場合があるので注意が必要です。 躁鬱病は治療がしにくく、長引いてしまう傾向があります。 基本的な治療法は、薬物療法と精神療法です。 薬は気分安定薬が使われることが多いです。この薬は躁やうつなどの気分の波を安定させる効果があります。 不眠などの症状がある場合には睡眠薬も処方されます。 また、精神療法では心理教育、認知行動療法、対人関係療法、社会リズム療法などがあります。 様々な治療法がありますが、患者さんの症状に合った方法を選び治療していきます。 そして、治療の効果をあげるためにも、規則正しい生活を送ることが大切です。